心電図検査

◆ 標準12誘導心電図

ベット上で胸、手首、足首に電極をつけ安静状態で記録します。企業健診や成人病健診などで広く行われている検査方法です

     心電計     S心電図


◆ 運動負荷心電図 (トレッドミル負荷心電検査)

日常生活の中で、歩いたときや階段を上がったとき、胸の痛みや脈の乱れを感じながらも、来院時に症状がなく心電図にも異常が無かった経験はありませんか?動くベルトの上を歩くことにより心臓に負荷をかけ、心電図変化と血圧の変化を観察して、心臓の状態を調べる検査です。



     トレッドミル静止画像     Sトレッド     

       [トレッドミル負荷心電検査]

◆ 24時間ホルター心電図

胸部に数箇所 電極(テープ)を貼り、4センチほどの小さな携帯用記録機をストラップのように首から下げた状態で24時間記録します。 日常生活での不整脈や狭心症の出現、無自覚の発作、睡眠中の発作の検出を目的とします。以前は大きく腰に巻きつけるようなものでしたが、最近のものは小さく検査中の違和感も軽減されています。

     ホルター全体      Sホルター高橋

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13176770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)