クリニックの歴史

◆初代院長   宮内 一二 
          一二      
         大正7年頃 宮内医院を東京赤坂で開業
         その後温暖な伊豆にあこがれ三島市大場に医院を移転して開業
         大正12年の関東大震災で医院は全壊、現在のクリニックの場所、                                    三島市泉町に移転し再び開業した

◆二代目 院長   小川(宮内)正子 初代院長宮内一二の長女

         昭和32年一二が脳梗塞となり院長を継ぐ

◆三代目 院長   宮内 厚芳 一二の長男、正子の弟
         厚芳          昔の外観風景
                       厚芳が院長に就任したころの外観風景/昭和38年4月

         昭和38年4月 姉 正子から引き継ぐ
         以来長年地域に根ざしたドクターとして多くの功績を残す
         昭和63年医療法人社団久仁会開設
         平成8年11月、平成6年に医学部6年生-24歳の若さで急逝した二男 
         信(まこと)の名前をとり『宮内まこと記念クリニック』に改名

         平成18年9月27日骨髄異形成症候群により永眠する 享年79歳

◆四代目 院長   吉冨 雄治 
         S院長普通
         宮内厚芳の死去に伴い院長に就任、現在にいたる
        

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13185984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)